Logo

新着情報

1985/08/14
テスト
サステナビリティ推進体制
サステナビリティ推進体制

サステナビリティ推進体制

サステナビリティ委員会 最高サステナビリティ責任者 サステナビリティ委員会 サステナビリティ委員会...

社会
人権への取組み

救済措置

救済措置 当社は、全ての役職員及び当社の取引事業者を対象として法令違反行為、情報管理違反、各種ハラスメント、人権及び労働環境等に関する相...

対照表
GRI対照表

GRI対照表

GRI 2:一般開示事項 2021 GRI 3:マテリアルな項目 2021 経済 環境 社会 GRI 2:...

社会
社員への取組み

ダイバーシティ、エクイティ&インクルージョン

ダイバーシティ、エクイティ&インクルージョン 人財育成への取組み 報酬制度 社員とのコミュニケーション 働きやす...

ガバナンス
リスク管理

リスク管理

リスク管理体制 監査の実施 当社は、リスクの適切な管理・運営を行なうことにより、経営の健全性を確保することを目的と...

社会
人権への取組み

当社人権DDにかかる取組み

当社人権DDにかかる取組み 人権への影響評価 当社は人権方針に掲げている人権デュー・ディリジェンスについて...

外部評価
外部評価

外部評価

KJRマネジメントが運用する、日本都市ファンド投資法人及び産業ファンド投資法人では、サステナビリティ活動を通じて保有資産における環境認証・評価を取得し...

社会
社員への取組み

人材育成への取組み

人財育成への取組み 基本方針 人財は最も大切な資産であるという考え方のもと、社員一人ひとりが当社で働くことを通して成長し、自己実現...

環境
環境

ガバナンス

ガバナンス 取締役会・投資法人役員会の監督体制 最高サステナビリティ責任者(CSO)が議長を務めるサステナビリティ委員会で決議・...

サステナビリティに関する考え方
ESGマテリアリティとKPI

ESGマテリアリティとKPI

マテリアリティ ESGマテリアリティとKPI マテリアリティ ...

環境
環境

気候変動

環境憲章の制定 気候変動に関する動向 気候変動を含むESG取組方針 気候変動に対する認識 TCFD提言に基づく情...

ガバナンス
コンプライアンス

コンプライアンス

基本方針 体制とコンプライアンスの実践 利益相反 反社会的勢力排除に向けた体制整備 ...

社会
ステークホルダーへの取組み

ESG勉強会

ESG勉強会 ESG勉強会の様子 JMFでは、サステナビリティの取組みに対する理解を深めていただくために、テナントやP...

賛同するイニシアティブ
賛同するイニシアティブ

賛同するイニシアチブ

責任投資原則(PRI) 持続可能な社会の形成に向けた金融行動原則(21世紀金融行動原則) 国連グローバル・コンパクト(UNG...

サステナビリティ戦略
サステナビリティ戦略

サステナビリティ戦略

サステナビリティ基本方針の制定 サステナビリティ関連方針 KKRとの連携について サステナビリティ基本...

社会
社員への取組み

社員とのコミュニケーション

社員とのコミュニケーション 社員満足度調査 当社は、2011年度から「組織風土調査」を実施し、社員の満足度を測定して働きやすい...

サステナビリティに関する考え方
サステナビリティに関する考え方

サステナビリティに関する考え方

トップコミットメント サステナビリティ戦略 サステナビリティ基本方針の制定 サステナビリティ関連...

環境
環境

指標と目標

指標と目標 日本都市ファンド投資法人(JMF) 2030年までにScope1+2 の総排出量を42%削減(2020年対...

社会
ステークホルダーへの取組み

国連UNHCR及びユニセフのサポート

国連UNHCR及びユニセフのサポート 当社は、2013年より国連の難民支援機関UNHCRの日本における公式支援窓口である国連UNHCR協...

ガバナンス
ガバナンス

ガバナンス

コーポレート・ガバナンス 投資法人の意思決定プロセス 投資法人の統治 ステークホルダーへの情報開示 投資主価値の最...

社会
社会

社会

人権への取組み 基本方針 人権方針 当社人権DDにかかる取組み 救済措置 社員への取組み ダイ...

社会
ステークホルダーへの取組み

社会貢献活動

社会貢献活動 ESG勉強会 社会貢献活動 当社は、社会貢献活動に取り組んでいます。社員の地域社会への貢献への...

環境
環境
ESGレポート
ESGレポート

ESGレポート

KJRマネジメントとしてのESGの基本的な考え方や活動を投資主の皆さまをはじめ、すべてのステークホルダーの皆さまと共有するために、ESG活動を簡潔...